洗い流されるもの

アルバイトをしなければ、と思い立った。
生活費や、少し前に通知が来た保険料や市民税などのことを考えると今の収入では成り立たないことに気づく。
成り立たなくなるという見通しも充分な動機なのだが、
お金を気持ちよく財布から出せないという現実の気持ち悪さの方がわたしを強く動機づけるように思う。
 
ネットを開くと、世の中にはアルバイトだけの求人サイトがあったり、更に派遣という形態もあることを知る。
わたしが決めつけていた範囲よりも、アルバイトに関してもっとずっと広い選択肢があることに気づく。
とにかく動くことにする。
 
ノートの適当な余白に、アルバイトの条件、と見出しを立てる。
その下に箇条書きで思いつく限りの条件を明確に絞っていく。
すると、今のわたしの要求が、具体的に手のひらに収まったような感覚がもたらされる。
 
前回のアルバイトは、探そうと思ってから探すまでが長かったのだが、今回は短く済んでいる。
求人サイトではweb応募というのもできるらしいが、迷った結果、電話をかけることにする。
電話をかけるという苦手な行為も、この短い人生の間に5回以上こなしたからだろうか、
アルバイトを探し始めてから応募するまでに半日とかからないのはわたくし史上の快挙である。
 
電話して面接の日取りを取ってもらう。
朝それを済ませたからか、今日のわたしは掃除のやる気が高いようだ。
洗濯物を取り込む。
洗濯機がいつの間にか回り終えており、同居人がわたしの寝ている間に回したのだと気付く。
それを干す。
溜まっていた油っぽい食器にお湯を注いで洗う。
ミルを取り出しコーヒー豆を挽く。アンモニア消臭として試験的にトイレに置いている容器の中身を捨て、今出た出がらしを容器に入れる。
今日の日付を書いた付箋を貼って、またトイレに置く。
前から気になっていた洗濯機のネットを漬け置きする。
漬け置きの洗剤を探していたところ、洗濯槽の洗剤(弱アルカリ性)と漂白剤(酸素系)があったため、洗濯槽の掃除を決行する。
洗濯機の横の洗面所から、手桶でお湯を溜める。
そこに二つの洗剤を投入して、撹拌したあとスタート/一時停止と書かれたボタンを押し、待つ。ここから半日ほど、待つことになる。
 
ある程度こなし終えて、気持ちよくなったため、先程挽いたコーヒーをカフェオレにしてテレビを見る。
CMの切れ間にふと思い出して洗濯機を見に行く。
スタート/一時停止ボタンを押して、撹拌する。
するとカビのようなものがぴらぴらとまわるのが分かる。大きいのも小さいのも、たくさんが渦に翻弄されている。
水も最初より濁って見える。
それが嬉しくて2度、3度とスタート/一時停止ボタンを押して、撹拌する。
カビがたくさんある、ということは前回の掃除から今回の掃除までの間、不潔な状態だったということなのだが、
そんなことよりもごっそり取れることの方が嬉しくて、楽しい。
 
生活だけは違うから。という誰かの言葉を思い出す。
生活だけは消えないから、という意味のように今日は感じる。
そしてそれは生に直結する営みだ。確かさだ。
広告を非表示にする